RAGIVARU ANASTASE

  ラギヴァル アナスターズ
 
ラギヴァル  アナスターズ
ラギヴァル  アナスターズ
ラギヴァル  アナスターズ
 
 

フランス領ポリネシア(通称タヒチ)ツアモツ諸島 カウエヒ島出身。
2010年にアウトリガーカヌーのタヒチ代表として、ワールドカップ優勝。ナショナルチームのトレーニングで得た知識を基に、フィジカルトレーニングに励む。
2011年より本格的にタヒチアンダンスを始める。持ち前の運動神経の良さを武器に本場タヒチでも優勝経験あり。
2015年より当スタジオ所属 ショーや大会出場作品の総合演出を手がける。

【経歴】
2011年:
Monette Harua 率いるタヒチアンダンスグループ「Tamarii Manotahi」のダンサーとして、Heiva I Tahiti に初出場。
Edwin Bernadino 率いるタヒチアンダンスグループ「Fetia Ori Hei」のソロダンサーに選ばれ、Hura Tapairu Ori Tahito部門(古典的タヒチアンダンス部門)出場。
Heiva I Faaa Ori Tahito部門で優勝。

2012年:
Moeata Lauglin率いるタヒチアンダンスグループ「Haere Mai」のダンサーとして、Heiva I Tahiti に出場。

2013年:
Moerata Lauglin主宰のタヒチアンダンス教室「Tamarii Poerava」の男性クラス講師としてダンスの指導を開始。(~2014年6月まで)

2014年:
Tumata Robinson 率いるタヒチアンダンスグループ「Tahiti Ora」のダンサーとしてHeiva I Tahiti で優勝。同グループでフランス公演や、タヒチでのショーなどダンサーとして出演。

2015年:
Ori Tahiti Nui Solo Competitionにて、Aito Tane部門で優勝。そして最優秀男性ダンサー賞を受賞。

2016年:
’Ori Tahiti World Championship2016にて、Tane部門3位入賞。

2017年:
Heiva I Osaka 2017にて、グループ・コンペティション Aparima部門の総合演出、最優秀作品賞受賞。

2018年:
Heiva I Tokyo 2018にて、ソロ Tane Hoe部門優勝。
Heiva I Tokyo 2018にて、グループ・コンペティション Mehura部門に総合演出、同部門2位入賞。
’Ori Tahiti World Championship2018にて優勝。

2020年:
オンラインコンペティション’Ori ‘Ori -lympic2020にて総合優勝。

 

■講師

Top